ドゥカティ ムルティストラーダ バイクと過ごす日々のお話し。

いい歳しても、バイク熱が覚めない日々のものごと。その熱はプラモデラー復活にも。あ、時折は愛猫様との日々も書き連ねたいです。

ドゥカティ ムルティさん整備記録

こんばんは(´ω`)ノ

今日は愛車のクラッチ交換にリベンジしました。

前回はクラッチのインナーハウジングを留めているデカナットが硬すぎて緩まず断念。

ともかくは人力は無理と判断しました。

が、、、

電動工具を買うほどお金もなく、ほんと時々しか使わないし(・ω・;)汗


そこで、色々と調べてみると、建設系の工機レンタル屋さんがある事を発見!

そちらでは4種類もインパクトレンチのレンタルが出来る!素晴らしい!

早速、大田区の羽田近くの会社まで借りてきました。

マキタの電動インパクトレンチ。

そのパワーは290Nt!!!どうだ!

その名の通りインパクト(衝撃)でボルトを緩めたり締めたりする工具です。

クラッチを留めているボルトは32mm。バイクの部品ではこれはなかなかのデカさです。(・ω・;)

工具のパワーが凄いので恐る恐る緩めました。

ガキンガキン…ガキンガキンガキンッ!

とかなりの衝撃! 緩んでるのか??

もう一丁!ガキンガキンガキンッ!

すると、、緩みましたー

(´ω`)ノやった〜

コレが外れたクラッチインナードラム。

交換するモノと使用していたモノを比べると、クラッチ板の打撃による凹みが全然違います。

インナーハウジングを外すと漸くアウターハウジングの全体が見れます。

黒い方が交換するハウジング。ゴールドっぽいのが使用していたモノ。

コレ実は素材が違ってて、黒い方がスチール製。ゴールドっぽいのがアルミ合金製なんです。

そのハウジングを留めてあるボルトもクソ硬い!! インパクト借りて良かった〜〜

ネジ留め剤がガッツリ塗ってありました。

アウターハウジングを組みつけて、新たにネジロック剤を塗って締め込みます。

ここまで出来たら、簡単〜〜

前回の様にクラッチ板を組み込んで、プレッシャープレートを組み付けて…

ハイ!完成っ(´ω`)ノ


工具レンタル屋さんにマキタを返却がてら試走してきました。

クラッチ音も更に小さくなり、アウターハウジングをスチール製に変えたから、金属音がキンキン響きます。

少しうるさくて迷惑かも…

でもコレが当にドゥカティの乾式クラッチ音!!


さて〜これで今夜からスッキリ眠れます(´ω`)ノ☆


次のメンテナンスは…何処だ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。