ドゥカティ ムルティストラーダ バイクと過ごす日々のお話し。

いい歳しても、バイク熱が覚めない日々のものごと。その熱はプラモデラー復活にも。あ、時折は愛猫様との日々も書き連ねたいです。

ドゥカティ ムルティ 春のあれこれメンテナンス

こんにちは(´ω`)ノ

春の三連休、ようやく暖かい季節になりました!

きバイク好きには最高な季節到来です!!


本格的にバイクシーズンとなるまでに、気になっていたところなどなどをメンテナンスしておかねば!!

ワタクシの愛車ムルティストラーダは2003年型で、結構古いバイクの部類に入ります。現在のオドメーターは23500Kmくらい。

中古で購入したのが丸5年前、それから10000kmくらいの走行かな(^ω^ )

購入時の車両の具合を見ると、前のオーナーさんは多分、ツーリング中心の乗り方だったのかな。

20000Kmも半ばの走行距離なので、先日のクラッチトラブルなど、消耗部品や可動部品の劣化がちょっと心配な今日この頃なのです。(・ω・;)。。。

今回はあちこち弄るので長編ブログどすww


そんなこんなで、先ずはともかくエンジンオイル交換から。

前回のオイル交換はちょうど一年前。

その時はカストロールPOWER1。メーカー指定のシェルアドバンスは高すぎて入れられませんっ(・ω・;)

で、今回は少しネットなどで割と評判の良いマイナーなオイル、エーゼットを使ってみようかと!

スペックはMAグレード、10-50w。4Lボトルで4500円くらいで、スペック数値上では大変お値打ちオイル(´ω`)ノ

調べると、チェーンオイルなど、メンテナンス系の油脂を得意とするメーカーさんみたいです。

悪いってことはまず無いでしょうけど、良いかどうかが実はよくわかりませ〜〜ん(・ω・;)汗

なぜなら、オイルはどれでも入れ換えすぐは調子良くなるに決まってますし、その性能は徐々に劣化するので、鈍感なワタクシは良くわからないってのご、正直なところなのです。笑

さて、、エーゼット。その性能はいかに!!


それと。。。。

じゃーん!(・∀・)

届きました! リアスタンド!!

オクで5000円也。

けっこう傷だらけだけど、新品だって使えばすぐ傷つくし、要はスタンドアップ出来れば良いから大満足!

これでチェーンのメンテナンスも楽になるし、。なるし。。。

今の腐れチェーンとスプロケットを交換するにはコレが無いと作業が出来ませーーーん!!(・∀・)


本日のメンテナンスメニューその他は、。。。

はい!これも先日買っておいたタイミングベルト、社外製品。

これの交換に向けての作業内容チェックとシミュレーションです!

先ずはタイミングベルトを確認する為にカバーを外してっと。。。

うーん、予めネットなどで情報をかき集めて勉強しましたが、やっぱりエンジン本体だもんなぁ。、自信ないな〜(・ω・;)汗

とりあえずは現状把握と交換作業の確認をしておこ。

タイミングベルトはほつれたり、傷が付いたりってのは無さそう。

張り具合は正解の具合がわからないから、見ても触ってもわかりませ〜〜ん!

張り具合はベルトをビンビンって弾いて、その周波数でチェックするらしい。。。正解周波数は110Hz前後ってことらしく。。。

そんなのどうやって調べるのよ!また激高価な工具は無理やで!って悲しんでましたら、ありました。

流石はスマホアプリ神時代。

日本の可動ベルト大手、ミツボシさんのベルト点検用?無料アプリを発見!

早速使いますっ(´ω`)ノ

ベルトのエンジン側のクランク側のプーリー付近で周波数点検するらしい。。。どれどれ〜〜。。ビ〜ンビンっ!

こちら前バンク側。低いやん。。。

では後ろバンク側を、、ビ〜ンビ〜ン。

さらにだいぶ低いやんけ。。。(・ω・;)!

去年、買ったショップが車検の時にベルトのテンションも調整しましたから!!なんて言ってたのにな。多分調整してないんだな。ほんと適当だよな!!(・ω・;)

ベルトの張り調整はタイミングベルトの真ん中あたりにあるテンショナーベアリングを調整するらしいっす。

練習に前バンク側を少し調整してみるか。

留めてあるボルトがクソ固い。。。またインパクトか?? って泣きそうになってるとようやくギギギギ〜〜ッと緩みました。

調整はすごく微妙。ビ〜ンビ〜ンと何回か調整してみて〜〜。

なんとか110Hzになりました。ベルト交換前だけど、練習練習!

さて、後ろバンクっと。。。

ん。。。?アレ???

テンショナーベアリングがすごい奥にあるぅ〜〜!!

手持ちのヘックスレンチでは全く届きマセーーン!( ゚Д゚)

首長のヘックスソケットレンチ買わないとベルト交換も調整も無理ですな!

って事か判明してよかったよかった。

ベルトはなんとか自力で交換、調整できそう。


さて〜。チェーンとスプロケットの再点検と自力交換出来るかチェックです!

先ずは現状把握っと。。。

ムルティは方持ちタイプのリアスウィングアーム。

これ、ほんとメンテナンスし辛いッス〜。

後ろスプロケット。危機的寸前です。減ってます〜(・ω・;)汗

前スプロケット。

こちらもリア同様。、減ってますっっ!!(・ω・;)汗汗

チェーンも腐れチェーンだな。。。(・ω・;)

しかもヤバイ発見を!!

スプロケットにソケットが届くまで邪魔な物がいっぱい!!!

シフトロッドやバーは直ぐ外せるからまあ許そう。

前スプロケットを外すにはデカイロックナットを緩めないゃなのですが、ステップの部品が邪魔でソケットが入らないじゃん。

ステップ外せば??甘い!

ムルティのステップはエンジン本体とリアスウィングアームのハンガーも兼ねており、外したらどエライ事になりますぜ。。。(・ω・;)大汗

うむーーーっ。。。ううっ。。。

コレは、、干渉しているスプロケットガードを貯めるボルトのベースを切りとばすしかないな!と、断腸の想いで結論。

てか、ドゥカティさんよう。コレはダメよ。

こんなメンテナンス出来ない設計はダメよダメダメ〜(古)


おまけ。

タイミングベルトカバーを外したし、ついでにプラグも掃除しとこ。

ドゥカティは2気筒ツイン。何故にプラグ4本も??

ええ、我が愛車の正式名はムルティストラーダ1000SDS。

DSとは、、デュアルスパーク!!沢山火花が飛ぶからパワーアップ高性能らしい。

80PSごときに、、、そんなにプラグ要らねーよ!!!

ちなみに去年イリジウムプラグに変えて、プラグ代に5000円くらい掛かりました。爆


どーなってんだよ。ドゥカティの設計はよ〜(・ω・;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。