ドゥカティ ムルティストラーダ バイクと過ごす日々のお話し。

いい歳しても、バイク熱が覚めない日々のものごと。その熱はプラモデラー復活にも。あ、時折は愛猫様との日々も書き連ねたいです。

ムルティさんのパーツ交換、16-17冬編 その2

こんばんは!

今日は娘のクリスマスプレゼントってことで、川崎方面のSCまで2人でお出かけ。やはり洋服に一番興味があるお年頃ですな~


かくいうワタクシも割とファッションには興味ある方ですが、40過ぎた頃からだんだんと洋服への投資は控えて、バイク方面へ注ぎ込む傾向が強く。。。(´皿`;)

年相応に。でも、ダサくならないように気をつけなきゃあかんな。


おっと、我がムルティさんの昨日の続きデス。


そんなこんなで、、

右側車体、外装カウルの交換と小物入れ改良を終えて。。。


ドドォーーン!(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)

今回のメインイベント!!!

遂にマフラー交換デスよー!


左がノーマルストックパーツ。形が似てるけど右側に鎮座されている方が【テルミニョーニ様】有難や有難や〜

ウチのバイクはもう型落ちで、このマフラーも現行製品ではないですが、ヤフオクの中古品でも5万円前後で取引されるシロモノ。を、破格でとある方から譲って頂きました!

ホクホク~~(・∀・)


いわゆる改造パーツなのですが、ドゥカティ社とテルミニョーニ社はかなり密接で、開発データのやり取りなどもされる程のご関係。

つまりは準純正品ってくらいです。なので、型も良く似ておる。(他車両はそうでもないw)

うーん?似てるなー変えた感があるかなー??って思ってましたが。。。

ちょっと重さ測っておくか!

えーと、ストック純正品は6.8Kgっと。

で、テルミニョーニ製品は、、4.5kg。

なんとー! か、軽いっ!てか、純正品重過ぎ。。。

よく見たら、マフラーの型は似てるけど一回り小さいですな。アウターはカーボンだし。

たかが2キロ少しくらいって思うけど、バイクは車に比べてかなり軽いですから、だいたいムルティストラーダで220kgくらいかな。(適当)てことは全体の約1%の軽量化。車で換算すると、普通車で1500kgくらい(また適当)とするとの1%は15kgに換算されます!

そう考えると結構な交換デス。バイクは軽ければ軽い程良いのです!

こちら交換前。(その日の写真撮り忘れた。。。のでこないだの奥多摩にて)


交換完了!

途中の写真は夢中になり過ぎて撮り忘れました。。汗

先程のように、準純正品企画ですから、サクサクっと交換できました。

そんなこんなで、今回のパーツ交換終了! ついでに簡単な整備をして、、見せて貰おうかテルミニョーニの実力とやらを。。。試乗じゃーー!


朝から午後過ぎまで作業だったので、自宅近所をクルッと乗って見ました!写真は多摩川にて。

どうせマフラー交換なんて気持ち程度。シリンダーから以降、フルエキで交換。フルチタンで交換しなきゃ違いなんて出ねーわ。って思ってましたが…


スゲー違ってんじゃん!

先ずは音 → 爆音では無いが、ヤル気にさせる低音出てます!

性能 → 排気の抜けが良くなったからか、エンジンのバックトルクが明らかに少なくなった。コレ、空冷ドゥカティの悩みどころ。慣れるまで大変扱い辛い。、ワタクシにとっては慣れても割と邪魔な特性だったですね。

(クランクケースの内圧をバルブで抜いてバックトルクを少なくするアフターパーツもあるけどね。。。高いのよまた。、)

ま、因果関係は詳しくは知らんのですがww. ともかくはヤル気にさせる低音と、エンジン特性が扱い易くなったのでとっても満足。ホクホク(・∀・)


おーし。街乗りではそんな効果だったから、峠でもなかなか期待できるぞー

来週は時間作って峠まで出掛けなきゃ!!


またまた長文にて失礼しました〜

チョコさんは飽きて寝てしまいました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。