ドゥカティ ムルティストラーダ バイクと過ごす日々のお話し。

いい歳しても、バイク熱が覚めない日々のものごと。その熱はプラモデラー復活にも。あ、時折は愛猫様との日々も書き連ねたいです。

ムルティさんのパーツ交換、16-17冬編 その1

今日は初冬の小春日和でした。この前の雪はなんだったのか…。

そういえば、子供の頃と比べて、冬が遅くなり、真冬には毎日氷が張るほど寒かったけと、今はそれ程でもないですもんね〜


ウチの猫さんは、冬場はエアコンの下のキャビネットでぬくぬくします。

うーーん、チョコさん、それはおウチが狭いからだよ…ごめんよ〜。。


おっと、、またネコネタになるとこだった。。。今日はバイクの話ですよ!

さーて、今日は夏秋からやろうと思ってた諸々やるぞ!!

写真のベンチに置いてあるのが、この前に手に入れた、外装カウルとマフラー。つけましょう!

それにしても個性的なデザインですね〜(・∀・)


先ずは、買って直ぐに立ちコケして傷つけて、簡単にリペアしたままのカウルを交換。リアサイドカウルと一緒にヤフオクでお安く落とした品物ですね~!

コレ、車体の右側のカウルがパッカーンと開いた状態です。開いた中はバイクにしては大きめの小物入れがあります。こんなに小さくてもとても便利! でも、、、開けると荷物がこんな風に片寄っちゃう。(´皿`;)


これが閉じた状態。

ムルティストラーダはドゥカティの車種の中では珍しい、ツアラー系の血筋です。他の車種はバリバリのロードスポーツばかりです。特にこの車体の頃のラインナップは今よ極端にスポーツ車体寄りのカタログラインナップでした。 そんな中でツアラーのドゥカティは当時メーカーとして異色の車体設計だった訳です。

パーツは少し機械いじりが出来れば直ぐに交換できますよー


んで、、荷物が片寄っちゃう問題を解決する方法を常々考えてたので、この際実施します!

じゃーん!

百均で買った、旅行用の小物仕分けネットを小さなビスで固定!これで片寄らないし、フタ側のスペースにも物が入ります! 我ながらナイス!

(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)


お次はリアサイドカウルを外して、綺麗なパーツに交換。そして今回のメイン、、、あのテルミニョーニ製のマフラーに交換!


長々となってしまったので、続きはまた次回に紹介します!


読んでくださってありがとうございます〜(・∀・)

また!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。